女性

腰部脊柱管狭窄症の正体|専門家という名のヒーロー

手術で治療しよう

病院

脳動静脈奇形は、脳の動脈と静脈が直接つながった状態にあるため、静脈の血圧が高くなります。その結果、血管の破裂や出血が起こります。治療方法は、おもに手術です。異常な部位を取り除いたり、血液の流れを止めたりする手術が行われます。

もっと読む

専門の外来があります

病院

骨が神経を圧迫します

腰部脊柱管狭窄症を発症すると、日常生活に支障をきたします。立つ、歩く、座るなど、日常生活で何度も繰り返し行う動作がスムーズに行えなくなります。身体がこわばったり、痛みやシビレが出たりして、自由に動かせなくなるのです。原因は、骨によって神経が圧迫されるために起こります。腰の部分を通っている身体にとって中枢の運動神経が、腰椎や脊椎によって押されるために正常にはたらけなくなるのです。神経は、1本1本は細い構造ですが、それが束になって骨の内部にある空間を通っています。それにより、身体の各部分と脳との連携が取れるようになっているのです。ところが、腰部脊柱管狭窄症では、骨の変形によって神経の通り道が狭くなり、症状が発症します。

身体に負担の少ない治療

腰部脊柱管狭窄症は、加齢で骨が脆くなったり、何らかの原因で骨が押しつぶされるなどして起こります。歩行困難になるので、杖を使ったり、休み休み歩くなどするようになります。歩くと痛みが出るため、1日中ほとんど動かなくなることもあり、腰部脊柱管狭窄症の患者は運動不足に陥ることが多く見られます。症状がひどくなると手術が行われますが、医療技術の進歩により、身体に負担をかけずに医療用レーザーやサイバーナイフを用いて治療することが可能になりました。切開が小さくて済むので、出血も少なく、術後の回復も従来の方法よりもスムーズです。患者数の増加で、専門の外来も各地に開設されています。一度相談に行くのもよい方法です。

女性は気を付けよう

医者

脳腫瘍の一種でとして髄膜腫があります。脳腫瘍の中でもポピュラーな存在で、全体の二割強を占めています。罹患率は十万人に十人で、女性ホルモンの関係から女性に罹患者が多いと言われています。髄膜腫の半数は良性で、治療の必要がないものです。

もっと読む

自律神経の調整

看護師

自律神経失調症は、誰でもなり得る可能性が高い病気です。特にストレスを受けやすい時代となるとともに自律神経失調症にもなりやすいとも言えます。しかし、治療をする事によって病気は改善します。落ち着いて治療をしましょう。

もっと読む